自治体情報政策研究所

研究所について

 自治体情報政策研究所は、研究所代表である黒田充が1998年10月5日に開設したWebサイト「住民が主人公の地方自治を考えるページ」(後に「自治体情報倉庫」と改称)を母体として、2002年6月1日に設立された研究所です。

研究所の主な業務とこれまでの主な実績

 情報化問題を中心とした地方自治体の現状・課題・政策等についての調査・分析
 地方自治を発展させる立場からの自治体電子化に関わる政策提言
 住民団体、自治体職員労働組合等の情報化に関わるコンサルティング

   ・ A市の地域情報化政策の分析(A市議会のB議員団よりの御依頼)
   ・ 情報公開請求によってC県より開示された資料の分析(D住民団体からの御依頼)
   ・ Webサイト構築に関するアドバイス(E労働組合からの御依頼)
   ・ 事務所の情報化に関するアドバイス(F労働組合からの御依頼)
   ・ 情報政策に関わる情報提供とアドバイス(G区議会議員からの御依頼)
   ・ 自治体情報化の現状に関する調査及び報告(H研究団体からの御依頼)
   ・ Webサイトの構築と更新業務(I研究団体からの御依頼)
   ・ 訴訟に関わる意見書の作成(J区弁護団からの御依頼)

研究所のスタッフ

 代表  黒田 充(くろだ みつる)
 所員  現在のところいません。また、所員の募集も行っていません。

研究所への業務のご依頼

 研究所、または、代表の黒田充への、講演・原稿・調査・コンサルティング等のご依頼などございましたら、 jjseisakuken@mbr.nifty.com まで、メールをお願いします。
 なお、簡単な質問等については無償でお答えさせていただきますが、調査・検討に日数等が必要なものについてはコンサルティング業務として位置づけ有償(応相談)とさせていただきますのでご了承ください。