自治体情報政策研究所

黒田 充

 「自治体情報政策研究所」の唯一のスタッフであり、代表である黒田充(くろだ みつる)に関する情報です。
  

経歴

  1958年1月 大阪市に生まれる
  1976年3月 大阪府立市岡高等学校を卒業
  1980年3月 大阪府立大学工学部電気工学科を卒業
  1980年4月 松原市役所に就職
  1997年3月 松原市役所を退職
  1997年4月 立命館大学大学院社会学研究科応用社会学専攻へ進学
  1999年3月  同 研究科博士前期課程修了 修士学位を取得
  2002年6月 自治体情報政策研究所を設立
  2004年4月 大阪経済大学非常勤講師(現職)
  2008年4月 大阪樟蔭女子大学非常勤講師(〜2011年9月)

主な仕事

 自治体情報政策研究所代表として、情報化問題を中心とした地方自治体の現状・課題・政策等についての調査研究を実施するとともに、講演、著作などを行う。

 大阪経済大学非常勤講師 2004年度より経済学部にて「地域情報論」を担当
 
 大阪樟蔭女子大学非常勤講師 2008年度より2011年度まで学芸学部にて「個人情報管理」などを担当
 
 箕面市住民基本台帳ネットワークシステム検討専門委員(2006/12/28〜2008/3/31)
 
 自治体情報化政策、パソコン、インターネット等に関するコンサルティング
   これまでの主な実績
   ・ A市の地域情報化政策の分析(A市議会のB議員団よりの御依頼)
   ・ 情報公開請求によってC県より開示された資料の分析(D住民団体からの御依頼)
   ・ Webサイト構築に関するアドバイス(E労働組合からの御依頼)
   ・ 事務所の情報化に関するアドバイス(F労働組合からの御依頼)
   ・ 自治体情報政策に関わる情報提供とアドバイス(G区議会議員からの御依頼)
   ・ 自治体情報化の現状に関する調査及び報告(H研究団体からの御依頼)
   ・ Webサイトの構築と更新業務(I研究団体からの御依頼)
   ・ 訴訟に関わる意見書の作成(J区弁護団からの御依頼)
   ・ 行政情報化政策に関わる情報提供とアドバイス(K市議会のL議員団よりの御依頼)
   ・ 地域情報化政策に関わる利用実態調査(M住民団体からの御依頼)
   ・ 訴訟に関わる情報提供とアドバイス(N訴訟団からの御依頼)
   ・ 光ファイバ事業に関わる情報提供とアドバイス(O市民団体からの御依頼)
   ・ ブロードバンド化事業に関する情報提供とアドバイス(P町議会のQ議員よりの御依頼)
   ・ ブロードバンド化と地デジ対策に関するレクチャー(R市民団体からの御依頼)

 以上、黒田の仕事に関して、興味、関心のある方は、 jjseisakuken@mbr.nifty.com まで、お問い合わせください。

所属学会など

  日本地方自治学会 会員
  コミュニティ政策学会 会員
  情報メディア学会 会員
  一般社団法人 大阪自治体問題研究所 理事 兼 研究員(非常勤)